鍼灸 / 整骨 / マッサージ・あん摩 ・指圧

小高鍼灸院・接骨院・指圧マッサージ院

東林間・椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニア

治療法

小高鍼灸院・接骨院・指圧マッサージ院

椎間板ヘルニアは、脊椎の椎骨間にある椎間板の内部物質が外に飛び出す状態です。主に腰や首の痛み、しびれ、筋力低下などの症状を引き起こします。原因は加齢や過度の負荷、外傷などで、日常生活に支障をきたすことがあります。治療法には①手術療法と②保存療法(安静、薬物療法、リハビリ)があり、症状の程度に応じて選択されます。

病院に行って治らなかった方に来てほしい。

医師以外治療法

国家資格4種

患者様の体調不良を改善に導きます。

鍼灸師・柔道整復師/小高院長先生

[ 執筆者 ] 小高 靖  / Yasushi Kodaka 鍼灸師/柔道整復師/ケアマネージャー
明治鍼灸大学(現明治国際医療大学)卒業 鍼灸学士
(全日本鍼灸学会 認定鍼灸師 第539号・日本小児鍼灸学会会員)
柔道整復師 (日本柔道整復整骨医学会会員)
ケアマネージャー・介護予防運動指導員 (東京都高齢者研究・福祉振興財団)
在籍スタッフ:あん摩・マッサージ・指圧師

こんな悩みはありませんか?

\\ ヘルニアの原因 //

椎間板ヘルニアは、大きく3つの要因があります。

①環境要因
姿勢:猫背や前かがみの姿勢を長時間続けると、背骨にかかる負担が大きくなり、椎間板に負荷がかかります。
動作:重い物を持ち上げたり、かがんで物を取ったりする動作を繰り返すと、椎間板に負担がかかります。
スポーツ:ゴルフや野球など、腰に負担がかかるスポーツを頻繁に行うと、椎間板を傷める可能性があります。
肥満:体重が多いと、背骨にかかる負担が大きくなり、椎間板ヘルニアのリスクが高くなります。

②. 遺伝要因
椎間板の形態:生まれつき椎間板の形や弾力性に異常がある人は、椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。
体質:遺伝的に、椎間板の変性や損傷が起こりやすい体質を持っている人もいます。

③. 加齢
加齢とともに椎間板の水分量が減少し、弾力性が低下します。
椎間板の繊維輪が弱くなり、髄核が突出しやすくなります。

全身の筋肉と説明

ヘルニアの患者様へ

椎間板ヘルニアの患者様は、口コミ含め遠方からのご来院も非常に多いです。
東林間・相模大野・中央林間・小田急相模原・町田・相模原・座間・大和・藤沢から多くご来院頂いております。

当院は、ヘルニアに対して4種の治療法 が可能!

医師以外の治療の国家資格を4種取得してます。

ヘルニアの4種の治療

鍼師 /鍼治療: ヘルニアから引き起こされる痛みのある部位や関連する経絡上のツボに細い鍼を刺して刺激します。これにより、血流を改善し、筋肉の緊張を緩和することができます。

電気鍼(パルス療法): 鍼に微弱な電流を流すことで、より効果的な刺激を与えることができます。

運動療法: 簡単なストレッチや運動を指導し、症状の改善や再発予防を図ります。

生活指導: 姿勢の改善や日常生活での注意点などをアドバイスします。

柔道整復師 /椎間板ヘルニア

手技療法: 筋肉や関節の緊張を緩和するために、マッサージ、ストレッチ、関節モビライゼーションなどの徒手療法を行います。
電気療法: 低周波治療器や超音波治療器を使用して、痛みの軽減や筋肉のリラックスを促します。
温熱療法: ホットパックや赤外線治療器を用いて患部を温め、血行を促進し、筋肉の緊張を和らげます。
冷却療法: 急性期の炎症や痛みを抑えるために、アイシングを行うことがあります。
固定療法: 必要に応じて、コルセットやテーピングを用いて患部を安定させ、過度な動きを抑制します。
運動療法: 腰部や背部の筋力強化、柔軟性向上のための適切な運動を指導します。
姿勢指導: 正しい姿勢や動作を指導し、椎間板への負担を軽減する方法を教えます。

灸師 /灸法(きゅうほう): 灸(きゅう)を用いて特定のツボやヘルニアの痛みのある部位に熱を加え、筋肉の緊張を和らげたり、血流を促進したりすることで痛みや炎症の軽減を図ります。

マッサージや指圧: 灸(きゅう)師は症状に応じて、マッサージや指圧を行い、筋肉の緊張をほぐし、痛みを和らげる効果を期待します。

アドバイスと生活指導: 適切な姿勢や日常生活での注意点についてアドバイスを行い、患者の自己管理を支援します。

補助的な治療法: 必要に応じて、漢方薬や食事療法なども併用されることがあります。

ただし、椎間板ヘルニアの重症化や進行した症例では、医師の診断と適切な治療が必要です。灸(きゅう)師の治療は補助的な役割を果たすものです。

あん摩・マッサージ・指圧師による椎間板ヘルニアの治療法について、簡単に説明いたします:

筋肉のリラクゼーション:腰部や背部の緊張した筋肉をほぐし、痛みを軽減します。

血液循環の改善:マッサージにより血流を促進し、炎症を軽減し、治癒を促進します。

関節可動域の改善:優しいストレッチや関節モビライゼーションにより、硬くなった関節の動きを改善します。

姿勢の矯正:適切な姿勢を維持するための指導を行い、椎間板への負担を軽減します。

神経の圧迫緩和:特定の手技を用いて、ヘルニアによって圧迫された神経の緊張を和らげます。

ホームケアの指導:自宅でできるストレッチや体操を指導し、症状の管理を支援します。

健康の為の3つの概念の図

①経絡(つぼ)・体バランス
②骨・筋肉・損傷
③マッサージ・リンパ・気血

\\ ヘルニアの治療法 //

椎間板ヘルニアの改善方法

ヘルニアの東洋医学的アプローチによる治療法を簡単に説明いたします。

鍼灸治療:経絡(けいらく)上のツボを刺激し、気血の流れを改善します。痛みの緩和と体の自然治癒力を高める効果があります。
カッピング(吸い玉):皮膚上に陰圧をかけ、血行を促進し、筋肉の緊張を緩和します。
もぐさ治療:ツボや痛みのある部位に熱を加え、気血の流れを改善します。
漢方薬:体質や症状に合わせて処方されます。痛みの軽減、炎症の抑制、血行促進などを目的とします。


ヘルニアの西洋医学的アプローチによる治療法を簡単に説明いたします。

注射療法硬膜外ステロイド注射:炎症と痛みを軽減
手術療法:①椎間板摘出術:ヘルニアを取り除く ②顕微鏡下椎間板摘出術:より低侵襲な手術 ③内視鏡下椎間板摘出術:さらに低侵襲
生活習慣の改善:適切な姿勢の維持・体重管理

※ 患者様の症状に合わせて最適な治療方法を選定いたします。
※ 西洋医学的な治療と併用されることも多いです。

脊髄の髄液と神経の図

当院の概要

小高鍼灸院・接骨院の院内写真

*当院の写真
待合室・受付・施術台と治療機器
木:無垢材・壁:シラスの調湿

鍼灸・整骨・マッサージ師の治療家4名

*スタッフ - 国家資格4種
はり師・きゅう師・柔道整復師
あん摩/マッサージ/指圧師

健康保険証と労災の画像

*保険利用可能
健康保険・労災保険等も利用可能

\\ 当日予約可能です //

痛みと辛さに心から寄り添います2

我々は、患者様の体と心に
寄り添う事をお約束します!

鍼灸院と整骨院とマッサージの診療時間緑

東林間駅 徒歩 1分
※ お気軽に、お電話くださいませ。

東林間・相模大野・中央林間・小田急相模原・町田・相模原・座間・大和・藤沢から多くご来院頂いております。